リーホン♪とF4♪とアジア明星&音楽・・・いろいろ♪


by makimoki

東京タワー   =期間限定的妄想=

b0012521_1531564.jpgラフマニノフを聴いていた時の様に
隣にいるあなたの手をそっと上から包み込み
その肌触りを感じながら観られたら・・・

全く違う感じ方をこの映画にしていたでしょう。


皆さん・・・間違いありません。
ここは「まきもきや」です。
期間限定で「東京タワー」
レビューしています。 
他の記事を上げる時には戻しますので、ご心配なく。

最近妄想力が落ちてきたのでここいらでちょっと違うのいい男で妄想力を回復させようと思いまして・・・。
岡田准一クンと松本潤クンの美しい姿を見に行ってきました。

b0012521_18415640.jpg思い返してみてもう一度DokiDoki♪したい場面はそんなになかった・・・。
ソレは残念です。  
セリフの言い回しもとっても「文学的」で「台本的」ではなかったような気がします。 
どこか、印象に残そう!とする意図が見えてしまって・・・流行語大賞でも狙っているのかしら?と思うような・・・。
"恋はするものじゃなくて、
落ちるものだー"
・・・です。







b0012521_1852364.jpg
ノラ・ジョーンズの歌はとても良かった。
山下達郎
まきもきは大好き!だけど
この映画には「付け足し」みたいな感じがした。
映像はとてもきれいだった。

激しい!シーンでもぜんぜん泥臭くなく、汚い感じもしなかった。
・・・前置きはこれぐらいにして。
岡田准一クンの役は21歳の大学生。お金に不自由はしていない。=貧乏くさくない。生活感もない。下ろしたてのシャツの匂いがしそう。
冒頭のシーンから上半身裸!そして黒木瞳=41歳人妻&セレクトショップオーナーとじゃれた(!)後には・・・全裸!後姿シャワーシーン!!が見られます。あの立ち方は美しいけど、シャワー浴びているような立ち方じゃなかった。相当無理な姿勢。美しい♪お尻&背中&肩&足首です。 ごちそう様でした。

b0012521_21423119.jpgこのロザリオ
キレイでした。
黒木瞳の私物だそうです。
このロザリオと一緒に岡田クン東京タワーが見えるビルの屋上ふらぁ~とするシーンは「なんだやっぱりそういうことか??」とおもったのですが。

b0012521_2201394.jpg一方松本潤クン=21歳大学生。お父さんはお医者さん。これまたお金に不自由していません。高校生の時から年上大好き!同級生の女の子のお母さんに手を出しちゃってあらら・・・大変!という過去を持つ。この水上バス寺島しのぶ=35歳人妻(夫はキャリアな宮迫博之)とはじめての激しい接吻を交わす。
その後の行為については「野獣のような」とか書かれているらしいですが、相当な想像力がないとそんなに「野獣」には見えません。
あくまでも「キレイ」な映像です。びー○くも見えません。お風呂の中で「いたす」シーンもありましたが直視できました。「きみはペット」の松潤がハマっていた感じだったので勝手にあんな感じを想像していたのですが・・・微妙です。
もうちょっとあの長い手足をフルに使って色々「いたして」欲しかったです。

b0012521_2224138.jpgまきもき的にDokiDoki♪したシーンThe Best!は・・・。

「ずっと一緒にいたいよ・・・」とエレベーターの中で手をつなぎ盛り上がったところに岸谷五郎=黒木瞳の夫役からの電話で、お預けを食らった岡田クン。1ヵ月後にお誘いの電話をやっと貰って有頂天!ワインバーのVIPルームで二人きりの食事を楽しみ外に出てきたら・・・雨だァ! そこで黒木瞳は慣れた様子でタクシーを止め岡田クンの手に1万円を握らせ「コレで帰ってね」などと言う! おいおい!ソレはないぜセニョリータ!!(なんてことは言っていない) いままでは彼女の電話を待つだけだった岡田クン。その手をつかみ半ば強引に2人で雨の中を走る!行き着いたところはお父さんの事務所。そこで岡田クンはとっても激しく彼女を求めるのだ・・・。白いシャツのボタンをはずす手つきももどかしく(ソレがまた!良い!!)髪の毛の中に差し込むようにした指も美しく・・・。雨が降り注ぐガラス越しにキラキラ光る2人のシルエットは自分に当てはめようだなんて思えないほど!美しかったです。

b0012521_22474034.jpg原作を読んでいません。だから、映画と原作の違いはわかりませんが、原作にはない部分を付け足したというのはわかりました。


東京タワーを見ながら絶望した岡田クンエッフェルタワーのもとで彼女に再会する・・・。
思い切りネタバレですが、ハッピーエンド?なのでしょうね。だから余韻が残らないのか?だから岡田クンばかりが残っちゃったのか?

自分を置き換えて考えられません。あまりにかけ離れています。はじめにも書きましたが岡田クンとこの映画を見たいです。そのあと何を「いたす」かは・・・やっぱり想像できません。
無理やり妄想してみました。 はなぢが出そうです。 
[PR]
by makimoki | 2005-01-27 00:00 | まきもき自身